これで赤ちゃんも夜泣きから卒業?ねんねトレーニング

どうして夜泣きをするの?

赤ちゃんによって異なりますが、生後半年くらいから理由もなく夜に泣く、つまり夜泣きが始まることがあります。泣き止んでもらおうにもお腹が空いているわけでもなく、おむつが濡れて不快なわけでもなく、原因のわからないママやパパは途方に暮れてしまうでしょう。
しかしこの「夜泣き」は赤ちゃんの成長過程の中では仕方のないことなんです。生まれたばかりの赤ちゃんには生活リズムが備わっていないので昼夜は関係なく泣いて寝るの繰り返しです。そして少しずつ体内時計が発達してくると昼は起きて夜にまとめて寝られるようになってくるのですが、大人と比べる浅い眠りと深い眠りの睡眠サイクル間隔が短いということもあって夜に目が覚めてしまいやすくなるのです。

夜泣きは大変!どうすればいい?

実は赤ちゃんも寝言を言うことがあります。大人でも睡眠サイクルの中で眠りが浅い時に日中にあった出来事を思い出したり怖い夢を見たりすると寝言を言う人がいますが、完全には起きていませんよね。赤ちゃんも同じです。泣き始めたからとすぐに抱き上げると浅い眠りから完全に目が覚めてしまうので、まずは寄り添ってトントンと胸をたたいたりそっと手を握ったりして安心させてあげてください。しかし寝言ではなく本当に起きて泣いていることも多いので、様子を見てほかの対処をしてあげましょう。抱っこをしても泣き止まないときには違う環境へ連れて行くのも効果的です。たとえばベランダに出たり家の近くを散歩したりすると赤ちゃんの気分も変わり泣き止むことがあります。車でドライブをするのもいいですね。
夜泣きは生活リズムが整ってくると収まることもあります。昼間にたくさん遊んだりお昼寝の時間を少し減らしたりなども試してみてください。